☆ 父 去年の桜 ☆

写真を撮るときは、なぜかいつもお別れかもしれないと思っていた。
桜満開。  綺麗だが、一番かなしい。



2006.5.6没 享年83歳


■2006/05/14 (日)

7日は、雨のお葬式になった。
たくさんの人が来て下さった。花のお葬式になった。

柩は斎場に着いた。哀しいかと思ったが粛々と時間が過ぎた。

夕刻、斎場にお骨をとりに行った。
寝台に真っ白い骨、運ばれてきた。
ちょっと見るまで不安だった。無機質に灰のようになっていた。
ためらいながら骨を箸でひろって骨壷にいれた。

小さい骨壷に入りきらない骨を気にしながら自宅に帰った。

そうか、、、姿が無くなった。

そういえば、まだ泣いていない。

■2006/05/11 (木) 花の葬儀

父の息が止まった時、母と私は悲しかったが微笑んだ。
涙が流れたが、母と二人で笑った。
天国の玄関まで一緒に案内できたと思った。

ピンクの百合、カサブランカ、胡蝶蘭がいっぱいの部屋。
自宅の2階の部屋が葬儀会場になった。。書道教室の隣の部屋。

花の中に父の柩がおかれた。

お通夜は多くの人が集まってくださった。
深夜から家族が線香を絶やさないように、明け方からは薫ちゃんノリちゃんが柩の前で居てくれた。
やっと母はぐっすりベットで眠った。

思い出せば、胃癌の2ヶ月間の自宅闘病は過酷だったが、精一杯親孝行ができた。
内藤医師のアドバイス通り、臨終の時間は家族の時間になった。
息が止まって2時間後に医師が来て下さった。
「お父さん、よく頑張りましたね。」

■2006/05/08 (月) お別れ

5日 子供の日
かおりちゃん、かっちゃん、ゆうきくん、まいちゃん、、、
孫たちも集まってきた。。。
お別れ会のように食事して、お爺ちゃんのベットの周りにあつまって。。
いつものように自宅の晩御飯、にぎやか、、
またね。

また、いつものような夜が来ると思っていた。
昏睡状態がつづいていたのに、目をあけて息遣いがあらくなってきた。
お別れの時間がちかづいてきた。

夜はつらかった。

明け方5時 息は止まった。

■2006/05/05 (金) ピンクのマーガレット

この一週間、いろいろあった。

きょう父は点滴と鼻からのチューブをやめた。
よくがんばった。
あたたかいお湯で顔をふいた。
ホッとしたのか寝息をたてて眠っている。

せつない事。 嬉しかったこと。家族のおもいやり。
やるせない事。いろいろあった。


■2006/04/30 (日) 新緑のケヤキ

サクラの木に葉が茂った。
散歩道のサクラ、ハナミズキが美しい。
ハナミズキの隣の木。新芽が出ないので気になっていた。
枯れているのかなとも思ったが、
「ケヤキ」今日は新芽がいっぱい芽吹いていた。

確実に春は来ている。

父の病状はまずまずだ。
鎮痛剤が効いているのか、いつも寝ている。
「ありがとう。たすかった。」とよく言う。
今日は訪問医師が自宅にレントゲンの機械をもってきて、
胸部レントゲンを撮ってくださった。



■2006/04/22 (土) 百合の花

父は自宅療養だが、日に日に体調はおもわしくない。
母も頑張っているが、疲れが溜まってきたようにみえる。
今夜は母にゆっくりお風呂に入ってもらった。

看病は心の余裕がないとつらい。

■2006/04/20 (木) 車

車を乗り換えることになった。
1000ccのトヨタビッツから、3000ccマツダセンティア。
大きくてカーナビとテレビが付いているが、まだ運転が慣れていない。
乗り心地は良い!
ドリカムのMDを聞いて走る。

トヨタビッツは看護師の娘が通勤に乗ることになった。
少し心配だが先日、車の保険に入った。
看護師の仕事はハードだから車があれば便利だと思う。
まぁ、無事故を祈る。

父の病状がおもわしくないので、阿倍野の家と伊丹の実家の往復。
日増しに鎮痛剤の量が増える。痛みはほとんどないようだが、いつも寝ている。
なんとかトイレは2本杖をついて歩いていく。
よく頑張っている。
看病の母もよく頑張っている。
親孝行をしたいが、これが親孝行だろうか。

ホームページに戻る