北京旅行記

2000.6.13 〜 6.16

第1日目  6月13日火曜
中国東方航空公司15:45 関空発

飛行時間2時間30分で もう 北京。
時差は1時間遅れで、夜9時 長城飯店シェラトンホテル着。
5つ☆のシェラトンホテル内の散策。フロントの照明が綺麗。  3連泊なので荷物が楽です。
ホテルの売店で何か飲み物を買おうと行った。
一万円は755元   13.5円は1元
「分達 橙味汽水」 ファンタオレンジと 「可口可楽」 コカコーラの2本。20元払う。 

中国人ガイド 「呂 建」 ろけんさん。20代後半の女性。目のパッチリした人、黒い長い髪を後ろにまとめている。
北辰旅行社。阪急トラピックス旅行。  北京外国語大、日本語なんだって。 ろけんさんもシェラトンに泊まっている。

?????????? 北京から 問題です ??????????
何と書いてあるでしょうか? 答えは ここをクリック
 1、百事可楽
2、分達  
 3、麦当労 
4、肯徳基
5、汽車 
??????????????????????????????


第2日目  6月14日水曜  気温38℃ 快晴
万里の長城
明の十三陵
天安門広場

<バスの車窓から>
北京市内のマンションは日本のように、洗濯物が出て無くって、ガラス張りの中に入ってる。
砂漠から70kmの北京は、春、黄砂がひどいのですって。
道路はあさの渋滞。
信号がひとつも無いのです。  自転車も人も車の間を勝手にすり抜ける、、、車はクラクションを遠慮なく鳴らす。
アジアの風景です。
車は、一方通行5車線程あって、信号は無いけど、右折しか出来ないのです。なるほど、、、



<万里の長城>
北京から北へバスで1時間。 八達嶺。居庸関(きょようかん)
万里の長城、6000km 600年前 明の時代の城壁。
秦の始皇帝の頃1万kmもあったらしい。月から見える唯一の人工物ですって。

なにしろ、暑い!  自由時間2時間もあっても、気温38℃もあるのに、、、アツイ!
急な石畳で、何処まで行っても 同じ、、、
だから、出城の石の日陰で、涼しく休憩しました。
風が気持ちいい〜1時間ゆっくり。


<明の十三陵>
地下の宮殿   
地下28メートルの13人の皇帝のお墓なわけです。
古墳に行きつくまでは暑かったけれど、 地下は涼しかった、、快適♪
ガイドさんに売っている水、氷は絶対にダメっていわれていたので、大変。
ホテルから、ペットボトルに入れた、お茶で しのぎました。



<天安門広場>
ひろ〜い!
国旗降揚の式典が夕暮れ、7時30分

毛沢東さんの写真のある天安門から、護衛の兵隊が歩調を揃えて行進するのです。
この式典を見るために、中国の各地の人々がカメラを持って,遠くから、来ているというところです。
私のよこにいた中国青年達もずっと、見ていました。
私には、理解し難いですが、中国の誇りなんですって。



これで、第2日目が無事終了。  あすは、故宮(紫禁城)。




第3日目 6月15日木曜  快晴 気温38℃
故宮博物院


 

  <故宮博物院>

 皇帝の皇居だったところ。世界遺産のひとつ。
600年前に建てられ、明、清の時代24人の皇帝の住まいです。
とにかく、広い、、、9900の部屋があるらしい。

太和殿は皇帝の玉座があって、屋根は黄色で、皇帝だけが使える色です。
瓦の先端には想像の動物が11ならんでいます。龍、天馬、鳳凰。ちょっと忘れた、、、
木造建築なので、金箔の銅の水がめがたくさん(308個)並んでいました。防火用です。
柱は72本、9の倍数で9x8で、9は貴重な数字なんです。
香炉がたくさんあって、鶴亀の背中に白檀の香を入れて、口から煙をだすらしいです。
正面両脇は獅子の像で、石の台はキョクジといって、印鑑。
地面はレンガが敷き詰められていて、地下3.4mまで、レンガがつまっているらしいです。
 
中和殿は休憩する部屋
保和殿は試験場だそうです。

皇帝の寝殿は龍頭が1192個あって、千龍頭水 といって、雨が降ると、龍の口から水が滝のように流れる。
一枚石に彫られた九龍海 雲龍は200トンもあって、冬道に水をまいて、凍らせて運んだらしい。

悪名高い西太后の住まい、養心殿。
三希堂は、王義之 王献之 王絢的の三名筆の部屋です。
緒秀宮(ちょうしんぐう)から、御花園へ。こうもりは幸福(しんぶー)発音が一緒なんだって。
しんくーら、、、(ごくろうさま)
くあい、、、(かわいい)



は〜〜。。。。ひろい〜。。

あつい〜。。。。

 




昼からは天壇公園です。

天壇公園

日本の伊勢神宮みたいなとこなんだって。

天の神様を夏至、冬至にお祭りする。
祈年殿(上写真)



 王府井(ワンフーチン)ショッピング 
デパートや服屋さんマクドナルドなど、並んでいる。
自由時間なんです。
ガイドの呂建さんが、ツアーバッジを付けない様にって。
経済大国の日本人が買い物ですよって、、、よくないよね。


本屋さんに入った。
フロアーは広い。2階、3階は若い人達が階段で上がっていく。
なんなんだろう。日本なら、英会話教室なんだけど。
故宮の写真集を買うことにした。
が、
どこでお金を払うの?
フロアーの角に椅子に座った店員さんらしき人が、じっと見てるので、
片言の英語で、「ハウマッチ?」  「60」というので、60元出したんですが、
なにやら、伝票を書いてるんです、
伝票と本とお金を持って、ガラス張りのレジみたいなところ 持って行く。
どうやら、それで、あってたみたい。
60元の写真集買っちゃいました。

ひょっとして、これも、値切れたのかな。

北京料理の夕食。




シェラトンホテルの、一階のフロアーには、星をイメージしたディスコ(カラオケ)があって、
夜7時を過ぎると、
スタイルのいい、モデル系のミニスカートの若い子が散らばって いるんです。
中国も開けてるな〜って思っていたら、
「一緒に、カラオケ、、、」って言ってくる風俗嬢なんです。





第4日目  6月16日金曜  晴れ

北京発  9:20 
 青島経由
関西国際空港着  14:45


ホームページに戻る