卒業式

2003.3.3

娘範子の卒業式に出席してきました。
看護学校の五階の講堂で粛々と。。。


感動。。。いい卒業式でした。。。
ぐっときました〜
総代、麗華さん、凛としてよかったですよ。
扉は開かれましたね。

♪蛍の光 窓の雪
史(ふみ)読む月日重ねつつ
いつしか年もすぎの戸を
開けてぞ今朝は別れゆく

止まるも行くも限りとて
形見に思う千万(ちよろず)の
心の端を一言(ひとこと)に
さきくとばかり歌(うと)うなり ♪


☆卒業証書授与式  国立大阪病院附属看護学校
<答辞> 一部抜粋

私的な解釈ではありますが、私達54回生一同、この解釈で今日の蛍の光を聞かせていただきます。

 止まろうか進もうかと悩んできた月日も今日が最後
 いくつもの心の端々がひとつであることを胸に
 ただ先に進むばかりだと歌うのです。

どんなときも私達のために、ご尽力くださった尊敬してやまない諸先生方、
頼りない私達をしたって下さり本校の誇り高き伝統を受け継いで下さる在校生の皆様、いつも支えつづけてくれた愛する家族、ここにご臨席くださった全ての皆様、
御一人御一人の心の端、そして私達一人一人の心の端が1つにつながっていることを信じ進んでいくことは、なんと心強く、誇り高いことでしょう。
 在校生の皆様、自分の選んだ道を信じ、ひたむきに進んでください。そしてその先には心の端がしっかりと結ばれている私達がいることを心強く思ってくだされば、限りない喜びです。今、私達は、ついに目の前の扉を開くことになりました。今一度、皆様に厚く御礼申し上げ、答辞と代えさせていただきます。

 
ようやく、私の「子育て」が終わりました。。。(ほっ。。)

鳥が扉を開いて羽ばたいていく思いがしました。
「子供はさずかりもの」といいますが、
子育ての20年間、親として、楽しませてもらいました。

感謝。



★掲示板投稿より 抜粋★
--------------------------------------------------------------------------------

1374. 卒業式 麗華  2003/03/09 (日) 02:22

卒業式の日はお声をかけていただいてありがとうございました。
あの日以降、寝込んでいました。3年間の心の張りが、肩から降りたのでしょう。3年前、2歳になった子供を抱えて果たしてやっていけるのかと不安で不安でなりませんでした。いくら両親のサポートがあるとはいえ、息子本人が健康でなければ私もがんばれません。保育所に預け始めた半年間は、うちの息子も例に漏れず、よく病気をもらってきては休んでいました。
えいやーっと、入試の直前に離婚し、早く自立できるようにするために看護の道に進みました。両親の庇護の元、勉強をさせてもらうからには成績は親に胸をはって見せられるものをとがんばりました。また、勉強に向かう姿を子供に見せることで子供に少しでも理解してもらえるように気をつけました。
さすがに2年のとき、子供が川崎病になって、入院することになったときには参りました。学校と病院との往復が3週間ほど続き、家に帰るのは教科書を取りに帰るだけ。終講テストも重なり、夜間見回りの看護婦さんに起こしてもらう始末。
この3年間を振り返ってみると、唯一の収穫は「根性」だったかもしれません。食らいついても離さない、まるですっぽんのような性格を手に入れたように思います。
4月から、また学生をします。1年は子供と離れ離れになることが多くなりますが、手紙と電話で乗り切ります。
またちょくちょく遊びにきます。のんちゃんのナースっぷりも紹介してくださいね。


ホームページに戻る