中国 桂林旅行記

2000.10月12日(木)
    阪急トラピックスツアー 団体旅行22名 
 14:35  関西空港発  中国南方航空  
 17:05  広州 経由 
 19:50  桂林着

換金 1万円=750元   1元=13.5円

「桂林」は中国で、最も 美しい山と、遊覧船での「璃江下り」が有名です。
( 璃は「王」でなく「さんずいへん」です。 )
家族4人で4日間の旅行。
次女の範子ちゃん(18歳)は初めての海外になります。

時差は1時間。 日本から3時間半で中国です。  らくらく。
広州空港にはガイドの労さん、桂林空港では、常英麗さんが迎えてくれました。

桂林空港についたときは、もう真っ暗で、ホテルに向かうバスに乗りこみました。 
街路樹は「きんもくせい」10月は開花時期らしい。
中国南部、亜熱帯気候というけれど、寒いくらい。




20:40      桂林ロイヤルグランドホテル(桂林帝苑酒店)着
4066号室

ガーデンレストランで夜食をと、メニュー見たら、あたりまえだけど、読めない。。。
なんとか、英語のメニューで ピザと、デザートらしきもの、を見つけた。
かたことの英語で若いウェートレスに 「このデザートは何か」 と、尋ねてみたが、
「エッグ、、、」「カスタード、、」
よく わからんけど。
あなたなら、どっち食べたい?と聞いたら、
どっちも食べた事無いって。。。

なるほど そうですよね。 ホテルでは値段が高すぎる。
でも彼女の勧めてくれた物を注文したら、それは硬めのプリンでした。

おいしい。。。

ピザ 65元   プリン 40元
ビールとスプライトはサービス。
あとで わかったんだけど 菓子パン1つが街では1元、ラーメンは5元なんです。




2000.10.13(金)

朝食は飲茶。広い中国レストランで、丸いテーブルが50席ほどあるのですが、私達4人だけ。
朝から、水餃子、とり、おかゆ、ごまだんご、大根餅。。
ほかのメンバーは別のホテルなんです。
ちょっと、広すぎ、、サービスは満点。☆☆☆☆☆ホテルだもんねえ。
昨夜、行ったガーデンレストランはアメリカ人でいっぱいです。
バイキング朝食の方が、いいなあ。
連泊なので、明日はバイキングにしてもらおう。

   璃江下り                                                                   


これは、最高です。

4時間遊覧船に乗って、54KM 桂林から陽朔まで下るのです。



ゆっくり、ゆっくり、流れる時間。。。。

両岸は切り立った山。 こんなん見たこと無い。。そんな山々。

時々、水牛が放牧されていて、牧童がこちらをみて、手を振ったら、振りかえしてくれます。

民家なんて、ほとんど無いのです。

透き通った川と、切り立った山

どこまでも、、やま。

  (水牛)

3時間程したら、船内で昼食。
ごはん、炒め物、鶏肉、もやし、、


中国人の燈秀華さんは、21歳の女性カメラマンで、 
私達の写真とビデオカメラを撮影してくれるのです。
3年間観光の専門学校に通ってから、この仕事をしているのですって。
ビデオの注文を取りに来たので、1巻5,000円ですが、頼みました。
どうやら、注文したのは、うちだけで、専属のカメラマンになってしまったわけです。

このツアーに参加している22人は 50歳〜60歳くらいの人がほとんどで、
当然のように、18歳の範子と21歳の秀華さんは仲良しになりました。

下の写真は、秀華さんが撮ってくれた写真

                                         

七星公園
PM 13:30〜
駱駝のかたちのらくだ山。そこは、動物園になっていて、パンダが1頭。
はじめてみるパンダ。
いまでは、中国でもめずらしようです。
日本の天王寺動物園の「白熊」とおなじような扱いです。



PM 17:00〜   桂林ロイヤルガーデンホテル着
       フリータイム


ホテルの裏道に蛇の看板がかかっていたのを、バスの中から、見つけていたので、
夕方の街にでかけることにしました。

私達にとっては、大冒険。
小銭をポケットに入れて、地元の市場で、何か買おうと出かけたのです。


先ほど見かけた「へび」の看板は漢方薬屋さんでした。
篭に蛇らしきものが入っていましたが、布のようなもので、よく見えなかった。

ホテルの裏は石とほこりの道で フリーマーケットというか、やさい、くだもの、食堂、散髪屋、、、
道端に品物を並べて 売っているのです。貧しいですが、活気があります。
タバコを売っている女の人がいたので、赤い箱を指差すと、5元だというので、4元にまけてっいったら、
まけてくれた。  いったい、本当は いくらなんだろう。

こんどは、お菓子やらしき店に、お父さんと3歳くらいの男の子が飴とヤクルトのような飲み物を
買っていたので、わたし達4人も買おうと、
片言の英語で話しかけたけど、筆談に変えたら、なんとかコミニケーションがとれて、
1元5角で売ってくれた。
わたしが、「おいしそう」と言った日本語を、店の女の人も、男の人もまねして「おいしそう」「おいしそう」
と言って、笑い合った。

これで、調子に乗って、夕刻の自転車が増えた街で、リヤカーでパンを売っているおばさんから、
中国人が立ち食いしているのをみて、
焼き立てのパンを1つ買った。1元です。
ふわふわでおおきくて、なかに、芋あんのようなものが入っていて。
ホテルのパンよりおいしかった。

途中 自転車にホローをかぶせた、タクシーのおじさんに「乗らないか」と(中国語なので、わからんけど)
話しかけられたが、断った。 ちょっと怖いし。

日も暮れてきたので、ホテルに帰った。



とっても楽しかった♪


明日の朝食をバイキングに変更してもらう。150元追加料金。




10月14日 土曜

桂林の 鍾乳洞 「濾笛岩」
1959年に発見された、光明山の中に500mほど続く 巨大な鍾乳洞。

さすが、大きい。中国の鍾乳洞。
ライトアップは原色でキツイけれど、それを上回る迫力! 
100年で1cmしか伸びないという 脊柱も巨大。
見方によって、ライオン、きのこ、レンコン、かや、花園にみえる。?
わたしには、石林にしかみえないけど。


「濾笛岩」からバスに戻る道、学校が休みなのか、10歳くらいのこどもが数人
竹で作った笛を吹いていた。
懐かしいような、良い音で、私も吹いてみたいなって。思っていたら、、

「100円、100えん」って、五本も10本もつかんで売りに来るのです。
あまりの迫力で、困ってしまいました。
2角渡したら1本笛をくれました。

うん。なかなか良い音。



駱駝山
象鼻山
その名のとうり。




 桂林市中医院という病院なんですが、二階の教室で漢方薬の話しをきいた。
白衣を着たお医者さんが3人も来て、 電気を使って治療実験をして見せてくれた。
こんなんで、治るのかなあ。
漢方薬の効能をいろいろ聞いて、そのあと、薬を売っていた。
粉の飲み薬がビンに入って1万円程だけど、 なんだか、ちょっと、、、買えないですよ。。。

そのあと、もっとビックリしたのは、1階の出口で救急車で運ばれてきたおじいさんが、担架にに乗せられて、
この病院に入っていくのです。
えええ〜。。。。
ここで、ほんとに 治るの〜。。。

恐るべし。。。中国。。。

ホテルの朝食の飲茶   伏波山が見える

伏波山
平地に ぽこっと でっぱった山。
急な石段を上がっていきました。
なんか、お百度参りの 金毘羅山をおもいだしました。
もっと狭くて急なんです。

10分も上がると、頂上。
は〜。 来た甲斐があります。
最高の見晴らし。。。。


   独秀山

伏波山と同じような山なので、わたしと母は上るのを止めて、散策。
そこは、大学校舎になっていて、「靖江王府」「美術教学楼」  美術系の大学でした。

城跡の公園のなかにある芸術大学ってとこです。

大学生がみやげ物店の販売をしていて。

公園の道を行くと 寮舎があって、購買部のような売店におばさんがいたので、
ボールペン4本(3元)、ガム(1.5元)、パン二個(2元)
筆談を交えて 値引き交渉しながら 買った。 
途中 大学生もひとり来て、なんか、楽しかった。

ボールペンは10円で買ったということです。 安い!



つづきは後日

おかっちに つづきは どうなったかと 聞かれたので、、、 
そう、ずっと さぼってた〜。 
では。
 

ガイドの常さんが 飛行機にのるまで 時間があるので、(夜7時 桂林発 広州行き)
どこでも 行きたいところ、、、そう聞かれても、、

ツアーで行く買い物店は、シルク専門店、中国古美術店、ホテルのブランド店なんかで、
日本とほとんど変わらない高級感で、ありふれた感じだった。
そこで、 ツアーの仲間は、私達がフリータイムで買ってくる1元のボールペンや、菓子パンが羨ましいらしく、
「フリーマーケット」を希望したので、ホテルにバスを止めて 2時間の自由時間になった。

でも、バスを1歩出ると、中国子供が10人位、どっと押し寄せて、
カーネーションの赤い花を1本もって、「100円!」って取り囲むんです。まいった。
ツアーバッチを外して、ひとりでさっさと歩けば 追いかけては来ません。

私達4人は 商店街のコンビニ風の店で、インスタントのカップ麺、ちまき、M&Mのチョコなんかを買って
ちまきは電子レンジで暖めてもらって、食べました。
日本の中華街のちまきの おおきい版。 芋、野菜が入ってる。おいしい。  

                                  黄色の看板の店で買い物
                     

帰国後、中国カップ麺食べたけど、もう〜最悪。
香辛料が強すぎ!   おかっち、食べてみた〜?


19:00〜  桂林発  
19:30   広州着
        ホテルで食事
20:00   ホワイトスワンホテル(白天鵞寶館)着。  2037号室
        ☆☆☆☆☆ホテルめっちゃ高級。 部屋には果物、花びらをカップに浮かべてあったり、、
        このホテルは以前 エリザベス女王が宿泊したんだって。          

                                    ぴかぴかのおふろです。
                             


10月15日 6:00  バイキング朝食

        9:05  中国南方航空 飛行機に乗って関空です。

ホームページへ戻る